2012年03月07日

遺伝子操作でマウス寿命3割長く…東北大が成功

■抗がん剤、ガン、癌、がんの治療に関するニュース

もっとも悪性度の高いヒト髄芽腫サブタイプの新規のマウスモデルの確立 ...

By iida

ライフサイエンス 新着論文レビュー. First author's ..... ライフサイエンス統合データベースセンター(DBCLS). ページトップにもどる
| DBCLS | LSDB | サイトポリシー | お問い合わせ ・ Elements of SEO is Powered by WordPress
| Website Design - Drew ...



大腸の腺腫性ポリープ切除で大腸癌死亡リスクが半減:日経メディカル ...

大腸内視鏡による腺腫性ポリープ切除は、その後の大腸癌罹患率を下げるだけでなく、 大腸癌死亡も予防することが、米Memorial Sloan-Kettering癌センターのAnn
G. Zauber氏らによるコホート研究で明らかになった。論文は、NEJM誌2012年2月23日号 に ...



臨床試験に必要な利他のこころ (朝日新聞連載) ≪ オンコロジストの独り言

新しいがん治療の臨床試験が開始され、数年後の診療への導入を目指して研究が進め られます、という内容の新聞記事を目にすることは多いと思います。身内がそのがんに
かかっている場合など、その治療をすぐにでも受けさせたい思う方もいるでしょう。



TPCマーケットレポート「2012年度 世界の抗癌剤市場」を発刊! −個別 ...

また、mTOR阻害剤に続く新規治療薬として、2011年に抗CTLA-4抗体の「Yervoy」、RET活性キナーゼ阻害剤の「Caprelsa」、抗体-薬物複合体の「Adcetris」、BARF変異型キナーゼ阻害剤の「Zelboraf」、ALK阻害剤の「Xalkori」、JAK阻害剤の「Jakafi」が米国
...



北大、半導体PET画像の上咽頭がん放射線治療計画における有用性を証明

マイナビニュース

北海道大学(北大)と日立製作所は、上咽頭がんの患者において、共同で開発した半導体ポジトロン断層撮影(PET)装置を用いた場合と従来のPET画像を利用した場合とで放射線治療計画の比較を行い、半導体PE
の有用性を証明したと発表した。同成果は「International Journal of ...



北大、「ポリエーテル」を作る際のカギ酵素「Lsd19」の立体構造を解明

マイナビニュース

北海道大学(北大)は、抗ガン剤候補物質と近縁な「ポリエーテル」の1種である「ラサロシド」を作るカギ酵素「Lsd19」の立体構造を決定し、反応を触媒する仕組みを明らか ...



抗がん剤 | ブラジルニュース 〜aperto de mão〜

南米に自生する「ブラジルおとぎり草」の茎から抽出した物質について新しい抗がん剤に つながる働きを解明したとして、佐賀大学医学部の木村晋也教授らの研究班が、「第2 回バイオビジネスアワードJAPAN」で最高賞を受賞した。これまでの抗がん剤よりも ...


 ■その他の病気のニュース

鬱病支えた言葉に反響

鬱病の患者に「頑張って」という励ましは禁句だといわれる。どんな言葉をかければいいのか? 患者やその家族が実際に周囲の人からかけてもらい、心の支えになった言葉をまとめた小冊子が反響を呼んでいる。



イラン人研究者、幹細胞を利用した心不全の治療に成功

イラン人研究者らが、幹細胞を利用した、心不全の治療に成功しました。 イラン北東部 にあるマシュハド医科大学の研究者ヴァキーリヤーン博士が、メフル通信との
インタビューに応じ、「イラン人研究者らは骨髄幹細胞を使用し、心不全に陥いった心臓 の血管組織 ...



映画の観客に“間違った本編を見せる” ことで真意を訴える世界初のPR

MarkeZine

今回紹介するのは、アルツハイマー患者の支援団体「EMDA Israeli Alzheimer Association」が、『世界アルツハイマー意識喚起週間』に合わせて、イスラエル市民への
...



自閉症に有効なバイオマーカー発見 バーグ・ファーマ・グループ

共同通信PRワイヤー (プレスリリース)

バーグ・ファーマのニーブン・R・ナライン社長兼最高経営責任者(CEO)は「この疾患のスペクトルの性格から見て、実際のバイオマーカーや治療を実現する前に、自閉症表現型に特有の基本的な生物学的ネットワークを理解することが重要である」と語った。



【テルモ】細胞シートの国内治験開始



■臨床試験・治験に関連するニュース

GCP運用に関わる意識の差

「信頼性調査等で軽微な事項を指摘されることがオーバークオリティを有無」との指摘がある

• 必要な対策は、「軽微なことを指摘・記録しないようにすること(事実の記録を省くこと)」ではなく、「事実の記録と、価値判断」とは別者であることを周知徹底することではないか

– もしも事実の記録を蔑ろにするようであれば、当局側の価値判断の根拠が曖昧となり、かつ、治験の科学性を損なうことになる

ドラッグラグ問題の解決には、GCP関連の話題は大した問題ではありません。

薬事承認制度、保険診療の仕組み、医療実態、医療者の教育、メディアの報道の在り方、我々の臨床研究や薬のリスクともたらす利益に関する考え方など、複合的な要因の考察と解決が必要であることをご理解下さい。



■製薬会社のニュース、製薬業界の最新ニュース・医学ベンチャーのニュース

IBM、米国集中治療医学会に治療情報の収集・分析ツールを納入

朝日新聞

米IBM(バージニア・M・ロメッティ社長兼CEO)は、米国集中治療医学会(SCCM)が同社のアナリティクス製品を採用し、学会員や医療関係者によって、全世界の重症患者に効果的な治療を提供する仕組みをつくったと発表した。
SCCMは、100か国以上の医師や看護師、薬剤師など ...



【医薬ランキング2011注目トピック9】2010年度製品売上高 (100億円以上)


医学の基礎研究の最新ニュース・新薬の基礎研究の最新ニュース

切断した神経の再生に光明 - 名大、関連するタンパク質と受容体を発見

マイナビニュース

SVH-1あるいはSVH-2遺伝子を欠損すると、切断を受けた神経において軸索の再生が起きなくなることも確認されている。 また、線虫には寿命があり、若い線虫では神経再生の効率がよいことがわかったが、年を取るにつれて次第に再生できなくなることが判明。



十二指腸潰瘍の原因遺伝子を発見

今回我々は、7072人の十二指腸潰瘍患者及び健常者26116人について、約60万箇所の遺伝暗号の違いについて調べました。その結果、2つの十二指腸潰瘍の原因遺伝子を発見しました。一つは血液型を決めているABO遺伝子で、O型の人ではA型に比べ1.43倍病気になりやすいことが分かりました。


 ■一般新聞による健康・科学ニュース

遺伝子操作でマウス寿命3割長く…東北大が成功



強毒性新型インフル流行予想時は全国民に予防接種の方針(読売新聞)



インフルウィルス増殖に重要な役割担うたんぱく質発見(毎日新聞)



胸の痛みがなく手脚が突然だるくなる隠れ狭心症患者1割(毎日新聞)



ストレス与えるとメタボと同様の症状に、マウス実験で(毎日新聞)



  ---------- <東日本大震災関連情報> ----------



被災3県、2次医療圏別で診療再開に46〜100%と地域差大(毎日新聞)



■架空の製薬会社の物語「ホーライ製薬」の物語はここをクリック!

■「日刊:モニターとCRCのためのGCPメルマガ(日刊、携帯・パソコン用)登録はこちら」

■「週刊・モニターとCRCのためのGCPメルマガ」の登録はこちら

posted by ホーライ at 17:56| Comment(1) | 医療・健康ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
I?m now not certain the spot that you simply are obtaining your info, but superior subject. I ought to spend a while finding out a lot a lot more or operating out much more. Thank you for fantastic data I was around the lookout for this particulars for my mission.
Posted by 情趣用品 at 2013年07月22日 01:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。