2012年02月25日

お茶のカテキンが老化やがんを防ぐ

■抗がん剤、ガン、癌、がんの治療に関するニュース

お茶のカテキンが老化やがんを防ぐ

全国農業新聞

代表的なものとしては、そのしぶみやにがみの原因になっているカテキンがあります。 お茶の機能性として最もよく知られているのが、がんに対する作用です。がんは発がん性物質が人の体内のDNAを傷つけて細胞に突然変異をおこし、これが増えて多くなる(これを「増殖」と
...



検査の基準値問題で、国がんが調査報告書-嘉山理事長「ガバナンス ...

Yahoo!ニュース(医療介護CBニュース) - 国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)で 腫瘍マーカー検査の基準値が適切に運用さ.



郡山の4歳児と7歳児に甲状腺がんの疑い!?チェルノブイリと同じ健康被害 ...

今までにこんな例は見たことがありません』 超音波の画像を診た医師はそうつぶやいた という。七歳女児(検査当時・以下同)の小さな喉にある甲状腺に、八ミリの結節(しこり)
が、微細な石灰化を伴ってみられたのだ」...



エスタブリッシュ医薬品事業部門 プラトシン注(シスプラチン注射液)の ...

ファイザー株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:梅田一郎)は、2012年2月22日、エス タブリッシュ医薬品事業部門の後発医薬品である抗悪性腫瘍剤「プラトシン注10、同25
、同50」(一般名:シスプラチン注射液)で、胆道癌の効能追加の承認を取得しました。



「ガンの不思議」 - 現在のガン治療の功罪~抗ガン剤治療と免疫治療 - FC2

By 梅澤 充

ガンの不思議」. 何回も書いていますが、 ガンは本当に不思議な生き物です。 先ず、現在大流行のウィルスなどとは違い、 ご主人様自らの細胞から発生してきて、
ご主人様を苦しめます。 しかしその細胞が増殖し過ぎてしまうと、 患者さんは生きていることができ ...



高齢者の白血病や感染症は幹細胞の老化が原因

Medical Tribune (登録)

〔米カリフォルニア州スタンフォード〕スタンフォード大学のWendy W. Pang博士らは,血液成分や免疫系を構成する細胞となる造血幹細胞(HSC)の研究から,ヒト幹細胞が加齢によって免疫性を失っていくことを突き止め,Proceedingsof
the National Academy of Sciences, ...



<成人T細胞白血病>ワクチン治療、臨床研究を承認 (毎日新聞 ...

Yahoo!ニュース(毎日新聞) - 大阪大の医学倫理委員会は10日、ウイルス感染が 引き起こす血液のがん「成人T細胞.



「【Nature】まれな膵臓がんに初の治療薬」:イザ!

一口に膵臓(すいぞう)がんと言っても、実は、さまざまな種類がある。80%以上を 占めるのは膵液を運ぶ膵管の細胞から発生する膵管がんで、通常、膵臓がんといえば
これ.



Vandetanibが進行した甲状腺随様癌に欧州で承認:日経メディカル ...

英アストラゼネカ社の経口治療薬vandetanibが、切除不能局所進行性/転移性の 甲状腺随様癌(MTC)に対して欧州委員会で承認 ... 承認の元となるデータは、昨年の
米国承認と同様、進行した甲状腺随様癌患者331人におけるランダム化フェーズ3の ZETA試験 ...



若年性関節炎患児は癌(がん)リスクが高い | 医療一般 | 医療ニュース ...

若年性関節炎患児の癌(がん)発症率は、他の疾患患児の4倍高いことが新しい研究 により報告された。医学誌「Arthritis & Rheumatism(関節炎&リウマチ)」オンライン版
に2月10日掲載された研究によると、この癌リスクの増大は必ずしも腫瘍壊死因子(TNF ) ...



がんの臨床試験(全編)/米国国立癌研究所(NCI) | キャンサーチャンネル

米国国立癌研究所(NCI)は、がんの治療、予防、発見、診断の新しい方法や、がん患者 の生活の質を向上させるための新しい手法を評価するためにデザインされたさまざまな
臨床試験を支援しています。NCIが支援する臨床試験は、同じ国立機関であるメリー ...



小児がん治療質高く 研究グループ集約 臨床試験を全国統一:東京新聞 ...

小児がん治療質高く 研究グループ集約 臨床試験を全国統一:東京新聞. かつて治療が 困難だったが、近年「治る病気」になってきた小児がん。特に白血病やリンパ腫などの
小児血液がんは、研究グループの集約化で、全国で同じレベルの治療が受けられるよう ...


 ■その他の病気のニュース

アトピー性皮膚炎 家庭の医学 - Yahoo!ヘルスケア

疾患名, アトピー性皮膚炎あとぴーせいひふえん. 発病頻度. 初診に適した科, 皮膚科 受診できる病院を探す. 初期診断・急性期治療に適する医療機関,
外来診療所・総合 病院・大学病院. 安定期・慢性期治療に適する医療機関, 外来診療所. 入院の必要性, 外来で ...



ラジレス ACE阻害薬やARBとの併用、欧州で糖尿病患者など禁忌に ...

スイス・ノバルティスは22日までに、高血圧治療薬「ラジレス」(一般名=アリスキレン)と 同剤の配合剤について、欧州で添付文書を改訂し、糖尿病患者や腎機能障害患者
に対するACE阻害薬またはARBとの併用を禁忌としたと発表した。



尿素サイクル異常症治療薬として 希少疾病用医薬品「フェニル酪酸 ...

希少疾病用医薬品「フェニル酪酸ナトリウム」を国内で承認申請. シミック ホールディングス株式会社は、2012 年 2 ... た希少疾病用医薬品の開発に着手し
ながら、今後も製薬企業向けサービスを中心に広く健康を支. えるビジネスをさらに展開 し、社会への貢献度 ...



H5N1型鳥インフルエンザ感染者、WHO発表より多かった可能性 米研究

AFPBB News

(c)AFP/ARIS MESSINIS 【2月24日 AFP】強毒性の鳥インフルエンザ(H5N1型)はめったに発生しないものの感染すると半数以上が死亡する病気と考えられているが、23日の米科学誌サイエンス(Science)に、H5N1型はもっとありふれた病気で致死率も低い可能性があるとする論文
...



成人ダウン症の認知症に、抗アルツハイマー病薬は有効か? | 旬読 ...

成人ダウン症患者の認知機能障害や認知症に対し、アルツハイマー病治療薬の メマンチン(商品名:メマリー)は効果を示さないことが、英キングス・カレッジ・ロンドンの
Marisa Hanney氏らが行ったMEADOWS試験で示された。ダウン症患者の アルツハイマー病 ...



遺伝子欠損で脳皮質萎縮起きる/アルツハイマー病解明も/Web東奥 ...

アルツハイマー病や白血病との関連が注目されている「CALM」という遺伝子が欠損 すると、脳室の拡大や脳皮質の萎縮が起きることを奈良女子大大学院の大学院生鈴木
麻衣さんと渡辺利雄教授(分子生物学)が初めて発見し、22日発表。渡辺教授は「 これら ...



遺伝子欠損で脳室拡大 アルツハイマー病解明も :日本経済新聞

アルツハイマー病や白血病との関連が注目されている「CALM」(カルム)という遺伝子 が欠損すると、脳室の拡大や脳皮質の萎縮が起きることを奈良女子大大学院の大学院
生、鈴木麻衣さんと渡辺利雄教授(分子生物.



第Xa因子阻害剤・イグザレルト 大規模PMS実施で安全性確立へ

ミクスOnline

出血や脳梗塞などイベントを発症した際に訪れるのは、PMSで契約した施設以外であるケースも少なくないという。そのため、枠組みを広げることで、強固な安全性・有効性のエビデンスを構築し、医師からの信頼を得たい考えだ。
同日開かれたバイエル薬品主催のプレスセミナー ...



尿素サイクル異常症治療薬を国内で承認申請。(いちよし ... - 兜町ネット

シミック(2309)は2月21日に自社開発の尿素サイクル異常症治療薬「フェニル酪酸 ナトリウム」を国内で承認申請したことを発表した。米ユーサイクリッド社から日本
における独占的開発・販売権を取得し、自ら開発した医薬品で、11月頃の承認を見込ん でいる。



日本リリー ジプレキサで双極性障害の「躁」「うつ」両症状の適応取得 国内初



ただのフルーツではなかった! 世界中の病院を救うかもしれないアボカドの成分とは?

Pouch[ポーチ]

さらにこの成分を使った薬剤の製品化が、熱帯雨林の保護や、現地の人々の利益に繋がることも Gitz Holler さんは望んでいるそう。既に現地のマプチェ族の人々との書面契約は結んでいるとか。医学的な面のみならず、こうしたところまで目が行き届いているのが素晴らしい
...



「世界希少・難治性疾患の日(RDD2012)」の開催について|厚生労働省

世界希少・難治性疾患の日(RDD2012)」の開催について紹介しています。



麻黄湯がインフルエンザ治療の新たな選択肢に:日経メディカル オンライン

内藤 従来、インフルエンザに対しては、ワクチンによる予防、解熱剤による対処療法、 さらに抗ウイルス薬による治療が一般的です。しかし、抗ウイルス薬、たとえばタミフル
については、乱用や副作用が指摘されるようになりました。特に、耐性ウイルスの問題は ...


■臨床試験・治験に関連するニュース

「被験者のリスク低減と終了後のケアを」臨床試験の尽きない論争で講演

Medical Tribune (会員登録)

臨床研究で最も信頼性が高いとされるプラセボ対照ランダム化比較試験(RCT)だが,被験者に対する公平性の欠如などの批判もある。国立精神・神経医療研究センターで
...



治験中核病院・拠点医療機関等協議会、治験活性化5カ年計画終了後も ...

治験中核病院・拠点医療機関等協議会、治験活性化5カ年計画終了後も活動を継続 治験中核病院・拠点医療機関等協議会、治験活性化5カ年計画終了後も活動を継続
( ニュース(会員限定0p)の親記事2012)



治験中核病院・拠点医療機関等協議会審議会資料|厚生労働省

厚生労働省の治験中核病院・拠点医療機関等協議会審議会資料について紹介してい ます。



【厚労省】医師主導多施設共同治験‐代表者に手続き集約



第28回 GCP 教育支援講座 開催報告

1. 第28回 GCP 教育支援講座 開催報告. (品質管理(QC)事例検討・意見交換会). QC/QA 教育検討・実施特別プロジェクト. 日揮ファーマサービス株式会社
谷崎和也. QC /QA 教育検討・実施特別プロジェクトの主催で、第 28 回 GCP 教育支援講座(品質管 ...


■製薬会社のニュース、製薬業界の最新ニュース・医学ベンチャーのニュース

ベーリンガーインゲルハイム、ゼンコー社とバイオスーペリア ...

読売新聞

ゼンコー社は、アムジェン、ファイザー、セントコア、モルフォシス、ベーリンガーインゲルハイム、CSLリミテッド、ヒューマン・ゲノム・サイエンシズなど、複数の業界
...


医学の基礎研究の最新ニュース・新薬の基礎研究の最新ニュース
原始的な生命の染色体立体構造を初めて解明

理化学研究所

また、遺伝情報を収納するクロマチン構造は、機能的にバクテリア、古細菌からヒトまで共通であると考えられることから、DNA損傷を原因とする疾病の解明や治療につながることが期待されます。また最近、DNAの二本鎖の間にまたがっている塩基を伝わって電流が流れることが
...



抗体産生を制御するゲノム領域「CNS-2」を発見

理化学研究所

病原体と戦う免疫細胞は、互いに連絡を取り合いながら力を合わせて体を守っています。免疫細胞の本隊といえるのは白血球で、中でもリンパ球細胞のT細胞、B細胞、NK細胞
...



バイオテクノロジー、ライフサイエンス、製薬 | Thermo Scientific Japan

発見開発プロセスを時間短縮し、さらに効率良くする、抗体、細胞培養、細胞生物学、創 薬、電気泳動、ゲノミクス、プロテオミクス、幹細胞、その他の分野に従事する研究者
向けの、革新的な分析装置、ラボの必須機器、消耗品、バイオツールをご利用ください。



文部科学省「再生医療の実現化ハイウェイ」第1回公開シンポジウム ...

文部科学省「再生医療の実現化ハイウェイ」第1回公開シンポジウム~ここから始まる 難病治療の明日~の開催について ... 文部科学省では、厚生労働省との協働により、
再生医療のいち早い実現化を目指して、「再生医療の実現化ハイウェイ」を実施してい ます ...



東京理科大、野田に再生医療の研究拠点 :日本経済新聞

東京理科大学は臓器再生など再生医療の研究拠点を野田キャンパス(千葉県野田市) 内に新設した。総工費は1億6000万円。臓器培養などの研究スペースを広げたほか、
キャンパス各地に分散していた設備を1カ所に.



世界市場・業界調査:再生医療における幹細胞 | 富士経済USA

大手ヘルスケア企業が幹細胞をベースとする再生医療市場に静かに参入している状況 が脚光を浴びている。将来におけるエキサイティングな細胞療法の開発手段、そして創
薬につながる新薬候補を増やす手段としての幹細胞への関心の高まりが大手ヘルス ケア ...


 ■一般新聞による健康・科学ニュース

厚労省の石綿労災の認定基準の通達を否定した初の司法判断(毎日新聞)



米で抗肥満薬キューネクサ承認の見通し、年10%減量効果(朝日新聞)



素粒子ニュートリノは光よりも速く飛ぶ、誤りの可能性(毎日新聞)



1日8000歩で脳卒中予防、厚労省の次期健康計画(産経新聞)



  ---------- <福島第一原発関連情報> ----------



汚染土をピラミッド状の囲いの中に密封、保管する技術(読売新聞)


■架空の製薬会社の物語「ホーライ製薬」の物語はここをクリック!

■「日刊:モニターとCRCのためのGCPメルマガ(日刊、携帯・パソコン用)登録はこちら」

■「週刊・モニターとCRCのためのGCPメルマガ」の登録はこちら


posted by ホーライ at 19:17| Comment(0) | 医療・健康ニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください