2012年02月23日

初の抗肥満薬、米で承認へ 臨床で年10%の減量効果

 ■下記のニュースのほとんどを僕のツイッターでフォローしています■



follow me




■抗がん剤、ガン、癌、がんの治療に関するニュース

●β‐カテニンの狙い撃ちによる新たな抗がん剤開発

http://www.natureasia.com/japan/highlights/details.php?id=1672


β‐カテニンタンパク質の特定の部分を直接標的とすれば、β‐カテニンの変異が観察されるがんの治療薬開発にとっての新たな手がかりが得られる可能性が浮上した。。。


●国立がん研究センターなど、新しい肺がん治療標的遺伝子を発見

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120217-00000008-mycomj-sci

国立がん研究センターなどの研究グループは、共同で高速シークエンサを用いて肺腺がん30症例の全RNA解読を行ない、治療に有効な新しい遺伝子融合を同定したことを発表した。



 ■その他の病気のニュース

●ドコモ、脳梗塞の現場と連携-スマホで迅速に治療

http://www.asahi.com/digital/nikkanko/NKK201202230010.html



●第一三共、ジアグノグリーン注射用25mgの効能・効果追加の承認を取得

http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=303694&lindID=4

日本経済新聞 (プレスリリース)

第一三共株式会社(本社:東京都中央区、以下「当社」)は、ジアグノグリーン(R)注射用25mg(一般名:インドシアニングリーン、以下「ICG」)の「脳神経外科手術時における脳血管の造影(赤外線照射時の蛍光測定による)」(以下「本適応症」)の効能・効果追加


●初の抗肥満薬、米で承認へ 臨床で年10%の減量効果

http://www.asahi.com/science/update/0223/TKY201202230126.html

朝日新聞
米国で4月にも、抗肥満薬「キューネクサ」が承認される見通しになった。米食品医薬品局(FDA)の諮問委員会が22日、承認を求める勧告を賛成多数で可決した。承認されれば、抗肥満薬は初めて。
キューネクサは、日本でも承認されている食欲抑制薬と抗てんかん薬を ...

●腕に巻きiPhoneで睡眠を記録して健康管理 - CNET Japan

http://japan.cnet.com/mobile/35014224/?ref=rss

フォーカルポイントは、iPhone/iPad/iPod touchで睡眠状態を記録できる米LARK
Technologies製のサイレントアラーム付きスリープコーチシステム「LARK アンアラーム システム」の発売を始めている。

●医療用レーザーの世界市場は、2016年に68億米ドル規模へ

http://www.news2u.net/releases/95534
News2u.net (プレスリリース)
医療用レーザー市場は、アプリケーション別に、治療と診断の2つの部門に分けられます。
治療部門は、2011年には22億米ドル規模でしたが、その後CAGR 10.5%で成長し、2016年には37億米ドルに近づく見通しです。
診断部門は、2011年には8億米ドル以上の規模でしたが、 ...


●初の抗肥満薬、米で承認へ 臨床で年10%の減量効果

http://www.asahi.com/science/update/0223/TKY201202230126.html


▽パーキンソン病サルの脳にES細胞由来神経細胞移植し改善(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/OSK201202210083.html

▽病気や事故で失った体の一部を人工的に作るエピテーゼ(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20120220ddm013040002000c.html



■臨床試験・治験に関連するニュース

「被験者のリスク低減と終了後のケアを」臨床試験の尽きない論争で講演

Medical Tribune (会員登録)

臨床研究で最も信頼性が高いとされるプラセボ対照ランダム化比較試験(RCT)だが,被験者に対する公平性の欠如などの批判もある。国立精神・神経医療研究センターで ...



治験中核病院・拠点医療機関等協議会、治験活性化5カ年計画終了後も ...

治験中核病院・拠点医療機関等協議会、治験活性化5カ年計画終了後も活動を継続 治験中核病院・拠点医療機関等協議会、治験活性化5カ年計画終了後も活動を継続 ( ニュース(会員限定0p)の親記事2012)


■製薬会社のニュース、製薬業界の最新ニュース・医学ベンチャーのニュース

●仏抗糖尿病薬「Mediator」で1300人死亡か、食欲抑制剤として流通 国際 ...

http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2856954/8438681

【2月10日 AFP】フランスで糖尿病患者の減量薬として30年以上も販売されていた「ベン
フルオレックス(benfluorex、商品名:Mediator)」に、少なくとも1300件の死亡……


●ラクオリア創薬が反落、連続赤字を嫌気 2012/02/17(金) 14:45:35 ...

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0217&f=business_0217_166.shtml

2011年12月期決算、2012年12月期業績見通しが連続して赤字となることを嫌気して いる.


●カルナバイオ、今期は創薬事業で導出達成を目標:日経バイオテクONLINE

https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20120216/159614/


カルナバイオサイエンスは2012年2月13日、2011年12月期の通期決算に関する説明 会を開催した。


●第3回ナノバイオ創薬研究シンポジウム 京都大学大学院薬学研究科「革新的ナノバイオ創薬研究拠点」

http://www.yakuji.co.jp/entry25544.html

◆アストラゼネカ 合理化で神経科学分野研究はバーチャルで
  http://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/42116/Default.aspx



医学の基礎研究の最新ニュース・新薬の基礎研究の最新ニュース

●ここまで分かった再生医療(1) 大和雅之教授インタビュー

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=54910

読売新聞
造血幹細胞や神経幹細胞など、人間の体の中に自然と存在している幹細胞のことを「体性幹細胞(成体幹細胞)」と呼びます。骨の中心部分の骨髄に存在して、骨や軟骨などに成長する「間葉系幹細胞」も、これに含まれます。

―― 幹細胞には、「ES細胞(胚性幹細胞)」が ...


●ヒトは他者の行為を理解するために顔色と物の両方を見ている - 京大が発見

http://news.mynavi.jp/news/2012/02/23/017/

●慶応大、「蛍光」と「発光」の利点を併せ持つバイオイメージング技術を開発

http://news.mynavi.jp/news/2012/02/23/020/

マイナビニュース
成果は、慶應義塾大学医学部生理学教室の岡野栄之教授、理化学研究所脳科学総合研究センターの宮脇敦史グループディレクター、東京医科歯科大学大学院保健衛生学研究科の原央子助教らの共同研究グループによるもので、「Biochemical

and Biophysical Research ...


●いいニオイで脳を活性化する初の知育玩具とは!?

http://news.mynavi.jp/c_cobs/jijinews/trend/2012/02/2244pt1.html

マイナビニュース
脳科学に基づいた「五感であそぶ知育科学シリーズ」の第1弾として昨年の10月に発売された、Baby
Perfumer『はらぺこあおむしのいいにおい』。香りを嗅いでカードをあわせ、嗅覚を刺激、脳の活性を促すはじめての知育玩具である。
果物などが描かれたカードがあり、その ...


●トランス脂肪酸の健康影響小

http://news.nifty.com/cs/topics/detail/120222504135/1.htm

マーガリンなどに含まれ、過剰に摂取すると心筋梗塞などの発症リスクが高まるとされるトランス脂肪酸について、内閣府食品安全委員会の専門調査会は22日までに、「通常の食生活では健康への影響は小さい」などと


●文部科学省「再生医療の実現化ハイウェイ」第1回公開シンポジウム~ここから始まる 難病治療の明日~の開催について平成24年2月22日

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/24/02/1316835.htm
 文部科学省では、厚生労働省との協働により、再生医療のいち早い実現化を目指して、「再生医療の実現化ハイウェイ」を実施しています。本事業における研究成果・活動を当該領域の企業や研究者等に広く発信することを目的として、公開報告会を開催しますので、お知らせします。




 ■一般新聞による健康・科学ニュース

仲間や道具に囲まれ刺激多いと脳が活性化する仕組み解明(毎日新聞)

7月末締切の水俣病救済策告知、環境相もチラシ配布でPR(朝日新聞)

徘徊高齢者をGPS携帯と通報ダイヤルで探す新システム(読売新聞)

ダウン症の少年描いたオーストラリアの児童書邦訳出版(毎日新聞)

  ---------- <東日本大震災関連情報> ---------

被災者の健康維持や避難所管理等担う新組織の創設準備へ(毎日新聞)



■架空の製薬会社の物語「ホーライ製薬」の物語はここをクリック!

■「日刊:モニターとCRCのためのGCPメルマガ(日刊、携帯・パソコン用)登録はこちら」

■「週刊・モニターとCRCのためのGCPメルマガ」の登録はこちら


posted by ホーライ at 21:31| Comment(0) | 医療・健康ニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください